設備や条件なども予め要チェック

"賃貸契約の期間や更新料の有無や金額、敷金・礼金の金額、また火災保険料の有無や金額なども情報に掲載されています。
これらが記載されている資料にしっかりと目を通し、貴方の月収と初期費用分を考慮して契約を進めていくようにしましょう。

 

賃貸物件の情報を確認することで、実に様々なことを一目で知ることが出来ます。
例えば、これから新しく家族が増える予定があるのでしたら、近所に産婦人科の有無などの確認をしておくことが大切です。フローリングやユニットバスなど各部屋の設備は当然のこと、屋内駐車場などの敷地全体の設備も物件情報には掲載されています。
様々な設備が完備されていたとしても、不動産屋の賃貸情報には掲載されていないこともあるので、現地へ足を運んで自分の目で確認をするようにしましょう。"



設備や条件なども予め要チェックブログ:18/06/01

水はの肉体中では
血液や皮膚、筋肉、臓器、骨、などあらゆる場所にあり、
成人では肉体の約6割が水分で構成されています。

24時間に必要な水分量については諸説あり、
一概にこれだけと言い切れませんが、
人間の肉体は安静にしていても最低1200mlは必要なので、
24時間あたり、
1500ml(1.5L)〜2000ml(2L)の水分補給が望ましいとされています。

24時間で肉体から出て行く水分は
便と尿で1400ml、汗と呼気で900ml…
合計2300mlの水分が排出されています。

ですから、
失われる水分を補給する意味でも
24時間2Lの水分は必要ということになりますね。

でも、
その2Lをすべて「飲む水分」と考えなくても大丈夫です。
食べ物からも水分が得られます。

野菜やフルーツにも多くの水分が含まれていますし、
お米もごはんになると水を含むので
水分は約4倍に増えます。

また、
出て行く水分も多く
意外に思われるかもしれませんが、
意識しなくても肉体は、
肉体の中の水分量を一定に保ってくれているのです。

おすすめの水分補給のタイミングは
7時目覚めたとき・お風呂の前後・寝る前、
あとは喉が渇く前に少しずつこまめに飲むのが無理なく続けられますよ。

水道水は、
一度沸かした湯冷ましの方が有害物質が抑えられます。
お気に入りのミネラルウォーターを見つけるのもいいですね。
ジュースや甘い飲み物は嗜好飲料に分類されますので
楽しみ程度にしておきましょう。

水分を味方につけて
肉体の中も外もきれいにしていきたいですね。

とっぴんぱらりのぷう


このページの先頭へ戻る