物件の下見で確認するべきこと

"現地調査では部屋の実際の長さを測って、間取り図にメモをしておくようにしてください。
引越し当日に家具の配置を決めるのではなく、このメモを参考にして事前に決めておくようにしましょう。

 

コンセントの位置や数に不足はありませんか?また、電気を多く使う人は、電力の契約容量も確認しておいてください。
建物自体が古いと容量が低くなっている可能性もあるので、事前にしっかりと確認をしておきましょう。物件の下見ではまず部屋を一通り見て、汚れや設備などの破損がないかを細かくチェックしてください。
このチェックの段階で傷等が見つかった場合には、入居までに修復をしてもらう必要があります。"



物件の下見で確認するべきことブログ:18/06/23

ミー達夫婦のケンカは、かなり強烈です。

お互いに、
この時とばかりにお互いに溜まったものを吐き出すので、
何ヶ月も前の話を出してきたりして非常に過激です!!

とは言っても、
お互いに家から出て行くことはなかったんですね。

ところが…
一週間前、ミーの家内はついに失踪しました。
どちらかが、家を出て行くのは初めてのパターンでした。

もう一度、あの時のことを検証していくと…

大雨の日が続き、気分的にもうっとうしい日が続いた。
家内の体調がかんばしくなく、イライラしていた。
ミーも仕事が多忙で、イライラしていた。
イライラする分、細かくクチやかましくなっていた。

…などなど、とにかく、
お互いにイライラを募らせた連日が続いてたんですね。

そんなある日、
ミーが仕事から帰ってみると、家内の姿はありませんでした。
ただ、真っ暗な部屋がボクを待ちかまえていました。

そして、
まるでミーの帰りをどこかで見てたかのように、
一通のメールが届きました。

「出て行けと言われたので、出て行きます…」

その後、
一人でご飯を作り、一人でご飯を食べて、
一人で後片付けをして、一人でテレビを見て、一人で洗濯物をして、
一人でお風呂掃除をしました。

カレーライスを作ってみました。
自分で言うのもなんですが、おいしいカレーライスができました。

でも、「おいしい!」と発した言葉が、
テレビの声にかき消されていきます。

テレビを見ていても、
ミーの笑い声だけが虚しく消えていきました。
一緒に分かち合ってもらない孤独感は、本当に寂しいものでした。

家内はふつか後に帰ってきてくれましたが、
あのままだったら、
ミーはおかしくなっていたでしょう…

このページの先頭へ戻る