引越しの準備と当日の注意点

"引越しをする時には使わないものから早めに片付けていくようにしましょう。
引越しをする時にゴミを持っていくワケにはいきませんので、指定された日にしっかりとゴミ出しをしておき綺麗な状態で引越しをすることが大切です。

 

貴重品や掃除用具などのすぐ使うものは業者に頼らずに自分で行いましょう。
どんなに小さな荷物でも退去をする部屋や新居に傷を付けてしまうこともあるので、注意をしながら素早く作業を進めていくようにしましょう。引越しを業者に依頼しようと考えているのでしたら、早めに見積もりをもらうようにしましょう。
退去をすることを管理会社や大家さんに伝え、また電気やガスなどといったライフラインも手続きも早目に行なっておきましょう。"

脱毛 心斎橋
http://datumou-chihou.com/osaka/
脱毛 心斎橋の情報



引越しの準備と当日の注意点ブログ:17/12/12

おととい、
わたしはリビングでボケーっとしていました。
平穏だけど、退屈なわけでもない…
そんな瞬間を味わっていたというか…

すると…
ふっと古い記憶が
よみがえってくるような感覚を感じました。

わたしの心の中に見えたもの…
それは、お父さんの腕に抱かれている、
まだ寝返りもできないぐらいの赤ちゃんの自分でした。

満たされて、何の不満もないわたし。
穏やかな優しい目でみつめてくれるお父さん。

あれ〜、これって何だろう〜?
本当に私の記憶なのかなあ〜?って、思いましたが、
人はすべての記憶を脳に刻んでいるっていわれてますよね。

ただ、思い出せなくなる記憶がたくさんあるのだと…
ということは、
これって本当の記憶なのかもしれません。

赤ちゃんの自分を思い出したのと同時に、
あぁ、わたしはお父さんのことが
大好きだったんだなぁ…と改めて思いました。

そして、お父さんももちろん、
わたしのことがかわいくてしかたなかったんだなぁ〜
と思えました。

とても、温かい感覚でした。

誰でも赤ちゃんの頃、誰かに抱っこされて、
ただただ愛おしい…という目で
見つめられたことがあったはずですよね。

それがお父さんや母ではなくても、
そこにいるのは「愛されている赤ちゃん」だと思います。

わたしたちはみんな、
もともと愛されているんですよね。

でも
「自分は愛されていない」
という誤解をしてしまうことがあります。

誤解は誤解を生んでしまい、
誤解の海の中で身動きが取れなくなる。
わたし自身がそんな感じでした。

誤解は人生をややこしく、
難しくするのだということを、
わたしは経験から学びました

このページの先頭へ戻る