物件の下見で確認するべきこと

物件の下見で確認するべきこと



物件の下見で確認するべきことブログ:18/02/16


減量にチャレンジしている人の中には、
定期的にジョギングをしているという方も少なくないでしょう。

ジョギングというと、
一見、足のトレーニングになっていると思われがちですが…
ジョギングというのは、うでの筋肉や背筋、腹筋といった
体質全体の筋肉の運動につながっています。

だからこそ、高い減量効果が期待できるのです。

しかしジョギングによって
体質全体を効率よく動かすためには、
正しいフォームで走るということを、心がけなくてはなりません。

フォームが間違っていると、
せっかくのジョギングの効果も半減してしまう場合があります。

まずは、うでの振りについてです。

ジョギングをしている人の中には、
うでを大きく振り過ぎたり、
肩をいからせて走っている人を見かけますが、
いずれのフォームにしても、
うでの付け根にある肩甲骨を
効率よく動かすことができなくなってしまいます。

ジョギングは、上半身と下半身が連動することによって、
効率よく走ることができます。

ところが悪いフォームで走っていると、
体質の連動がうまくいかずに、走りの効率を悪くしてしまうのです。

また、
足の運び方をチェックしてみると、
膝の部分が足を踏み出すときに、
やや回転をして出している人がいます。

この走り方をしていると、
膝に負担がかかり、怪我をしてしまう恐れがあります。

足を前に出すときには、
まっすぐ出すということを意識して、
走るように心がけましょう。

正しいフォームを身につけてから、
長距離を走るようにしないと、
減量効果が期待できませんよ!

物件の下見で確認するべきこと

物件の下見で確認するべきこと

★メニュー

重要な予算と間取り、そして場所
設備や条件なども予め要チェック
入居審査を経て賃貸契約
引越しの準備と当日の注意点
物件の下見で確認するべきこと
重要な交通便と安全性の確認
良い対応をしてくれる不動産屋を選ぼう
設備のトラブルは管理会社へ連絡
不動産屋の担当者と顔見知りになろう
賃貸物件の管理が行き届いているか確認


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)賃貸への引越しガイダンスSP