物件の下見で確認するべきこと

物件の下見で確認するべきこと



物件の下見で確認するべきことブログ:18/06/16


こんにちは

ヒールの高い靴は、スニーカーなどに比べると
体質に掛かる負担が意外に大きくなります。
ヒールの高い靴で歩き回ると、脚が痛くなったり、
いつもより疲れてしまいませんか?

このため、ヒールの高い靴を履くと体操になって、
脚が細くなると思っている方も少なくないようですね。

ですが、それは大きな間違いなんですよ!
ヒールの高い靴を履くと、
どうしても体質の余計な所に力が入ってしまいます。
そうすると、姿勢も悪くなります。

それによって、
必然と体質の歪みを生みだす可能性を高めてしまいます。
体質に歪みがでてしまうと、
むくみ・代謝の低下などが起こり、脚が太くなってしまうんです。

なので、できる限り、
安定感のある靴を履く事が脚やせの第一歩なのです。

もちろん、ヒールの高さだけでなく、
足幅や爪先のつまり具合なども最適な大きさである事が大切です。
シューフィッターに相談すると、チョットお金はかかりますが、
最適な靴が手に入りますよ。

考え方によっては、その方が安くつくかもしれませんね。
安くて合わない靴を履き、脚が太くなって、
脚やせグッズにお金を出すなら、本末転倒ですもんね。

仕事などでどうしてもヒールを履かないといけないという人は、
長時間にならないように注意しましょう。
中敷きなどを活用するのも良いですよ!

また、どんなに疲れていても、
その日の疲れは1日後に持ち越さないで、その日のうちに取りましょう。
お風呂にゆっくりと浸かり、
脚をマッサージする習慣をつけるとかなり変化があるはずですよ。

嗚呼,いい気分
物件の下見で確認するべきこと

物件の下見で確認するべきこと

★メニュー

重要な予算と間取り、そして場所
設備や条件なども予め要チェック
入居審査を経て賃貸契約
引越しの準備と当日の注意点
物件の下見で確認するべきこと
重要な交通便と安全性の確認
良い対応をしてくれる不動産屋を選ぼう
設備のトラブルは管理会社へ連絡
不動産屋の担当者と顔見知りになろう
賃貸物件の管理が行き届いているか確認


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)賃貸への引越しガイダンスSP