不動産屋の担当者と顔見知りになろう

不動産屋の担当者と顔見知りになろう


不動産屋の担当者と顔見知りになろう
"不動産屋の広告などでおすすめ!!!と宣伝されている賃貸物件は本当におすすめのものではありません。
正直このような広告の物件というのは一番にオススメをしたい物件ではなく、2〜3番目程度にオススメをしている物件なのです。

人気のおすすめ賃貸物件に空が出た場合にすぐに声をかけてもらうことが出来る方法があります。
それは担当者と顔見知りになってある程度仲良くなっておくこととなります。不動産情報やチラシに掲載されている賃貸物件だけが、不動産会社のおすすめ物件だと思っている人が多くいます。
実際に不動産屋がオススメをして紹介をしたい物件といのは、わざわざ広告を出すことなく次々と契約が済まされているものなのです。"



不動産屋の担当者と顔見知りになろうブログ:17/10/08

ダイエットを実践していく上では、
行動できた自分を褒めるという事によって、
次の行動を喜んでできる自分を作り上げていくことが大切です。

決して、自分を甘やかすということではなく、
褒める対象を、行動できた自分とすることによって
次の行動もしくは、行動を継続することへのモチベーションを
強化することなんです。

具体的に言いますと…
「今日は肩こり体操を10回やった」自分を褒めて、
「次の日もやろう」
とか、
「次の日は11回やってみよう」
という感じで、次の行動に繋げていくのです。

「行動できなかった自分を責める」
と言う風に考えてしまうと、次の行動に繋がりませんし
劣等感と後悔とストレスが溜まるだけです。

だから
できないことや苦手なこと
例えば、おやつを深夜に食べてしまったなど…
に焦点をあてるのではなく、

得意なことや好きなこと、
例えば、肩こり体操できた、玄米のライスが美味しかったなど…
をクローズアップすることが大切なのです。

できないことを責めていても意識がそちらに向いてしまうと、
なかなか直りません。

だからいくら
「深夜におやつを食べてしまった」と自分を責めていても、
深夜におやつを食べる癖は直らないのです。

それより、
ライスを食べた後は、リラックスできる音楽を聞きながら、
アロマを楽しんだり、マッサージをしたりして気分をリラックスさせて、
おやつを食べたくなる前に、
早く眠るように生活習慣を付けるようにするなど…

自分の好きなことに目を向けて自然と直るようにすることが、
ストレスを溜めないダイエットの秘訣だと思います。
不動産屋の担当者と顔見知りになろう

不動産屋の担当者と顔見知りになろう

★メニュー

重要な予算と間取り、そして場所
設備や条件なども予め要チェック
入居審査を経て賃貸契約
引越しの準備と当日の注意点
物件の下見で確認するべきこと
重要な交通便と安全性の確認
良い対応をしてくれる不動産屋を選ぼう
設備のトラブルは管理会社へ連絡
不動産屋の担当者と顔見知りになろう
賃貸物件の管理が行き届いているか確認


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)賃貸への引越しガイダンスSP